« 2016年11月 | トップページ

2017年5月

2017年5月31日 (水)

戊辰戦争石碑(安塚)

最近、真岡へ仕事で出かけており、栃木街道から淀橋南交差点から雀宮を経由しています。

淀橋南交差点の南に、平成27年に周辺が整備されたことにより、戊辰戦争の石碑があることに気付きました。以前は道路の路肩にひっそりと建っていました。

慶応4年、宇都宮にいた幕軍と壬生から北上する官軍が、この安塚で戦っています。4月21日夜半から4時間。豪雨と深い霧の中で行なわれたと云います。

石碑は、戦死した幕軍34名を祀るために、明治元年(左)、明治13年(右)に建立されました。ふたつが並んで建っていますが、左の明治元年の石碑は、ボロボロです。

170530_0846_002

宇都宮といえば、以前六道の辻も見に行ってます。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

とちぎの山・鉾・屋台 - 栃木県立博物館

仕事帰りに、栃木県立博物館の「とちぎの山・鉾・屋台」を見学しました。同博物館も戊辰戦争関連、戸田氏関連と2回見に行き、今回が3回目でしょうか・・・

170509_1018_001_thumb2

エントランスには、烏山の中町の屋台と山
170509_1019_002yamaage_nakamachi_thu

170509_1020_003yamaage_nakamachi2_th

展示では、鹿沼の仲町の屋台が展示されています。
同市の展示館でも見ることができますが、
木彫りの精緻さといったら・・・

170509_1044_008kanuma_nakamachi_thum

170509_1044_006kanuma_nakamachi2_thu

筆者の住む足利にも葉鹿の大きく舞台の突き出た屋台の写真が掲示されていました。

また、本企画展とは、関係ないのですが、織田信長の伝馬朱印状が5月末まで公開されてみることができました。

最近宇都宮での仕事が多いので、興味をひく企画展があるとうれしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小山市 祇園城跡を歩く

最近、台風やなんやかやで出歩くことも少なく、更新ずるブログの材料がありませんでした。小山市で中小企業の支援を行なっているので、合間を見て、祇園城跡を歩いてみました。

JR小山駅の西の思川沿いにある祇園城は、1148年(久安4年)に小山政光によって築かれました。

鎌倉時代に下野国守護を務めた小山氏の主要な居城で、当初は鷲城の支城であったが、南北朝時代に小山泰朝が居城として以来、小山氏代々の本城となります。

天正4年(1576年)に小山秀綱が北条氏に降伏して開城し、北条氏の手によって改修され、北関東攻略の拠点となり、小田原征伐ののち、1602年(慶長12年)頃、本多正純が相模国玉縄より入封したが、正純が1619年(元和5年)に宇都宮へ移封となることで、祇園城は廃城となります。

城跡は、現在公園になっており、城跡の北東部に無料駐車場があります。ただし、いささか判りづらい。ということで、訪れるひとも少ないようです。市民憩いの場とするならば、整備しないと・・・

 map_gionjho
古地図の祇園城。

駐車場の片隅に紫の祇園城跡の幟が立っており、そこから、城跡へ入ってゆきます。

160907_0934_004

石垣を通りぬけて、虎口跡、塚田曲輪跡等を見てゆきます。画像のとおり、案内の立て看板が掲げられています。

160907_0935_006
虎口跡

160907_0935_008
塚田曲輪跡

橋で堀切をわたると、公園の中心部でしょうか、あずまやとトイレがあります。そこが中曲輪跡。

160907_0936_009

160907_0936_011

160907_0936_013
中曲輪跡

さらに朱色の祇園橋を渡れば、本丸。

160907_0937_014
祇園橋

160907_0938_018
本丸跡

160907_0940_021
二ノ丸跡

160907_0941_022
思川を望む

堀切のみの城跡ですので、観光の目玉にするのは、難しい。とすれば、公園化をきちんとして、市民のための存在として輝かせてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ