« 喜連川つれづれ vol.1 | トップページ | 喜連川つれづれ Vol.2 »

2016年1月30日 (土)

木枯し紋次郎 Vol.20 参考文献

img_nakamura1

今回は、本掲載をするにあたり、皆さんの参考までに出典を整理しておきます。
ただし、残念ながら、絶版になった作品もありますが、ぜひ小説も読んでみてください。
ちなみに筆者は、この機会に原作を再読しました。

◆小説(笹沢佐保 原作)
--- 木枯し紋次郎シリーズ 全15巻
赦免花は散った 1973    角川文庫
女人講の闇を裂く 1973    角川文庫
六地蔵の影を斬る  1973    角川文庫
無縁仏に明日を見た 1983    富士見書房
夜泣石は霧に濡れた 1997    光文社文庫
上州新田郡三日月村   1997    光文社文庫
木枯しは三度吹く 1997    光文社文庫
命は一度捨てるもの 1997    光文社文庫
三途の川は独りで渡れ 1997    光文社文庫
虚空に賭けた賽一つ 1997    光文社文庫
お百度に心で詫びた紋次郎 1984    富士見書房
奥州路七日の疾走 1997    光文社文庫
人斬りに紋日は暮れた 1985    富士見書房
女の向こうは一本道 1998    光文社文庫
さらば峠の紋次郎 1998    光文社文庫

--- 峠シリーズ
見返り峠の落日 1973    角川文庫

--- 街道シリーズ
裏切り街道 1990    祥伝社文庫
地獄街道 1990    祥伝社文庫

◆その他
紋次郎も鬼平も犬神家もこうしてできた
    2008    日本放送出版協会
木枯し紋次郎 DVD BOOK 1972第1シリーズ編
2012    辰巳出版
解説本ですが、「川留めの水は濁った」、「流れ舟は帰らず」の市川崑演出の2作品、テレビ予告編のDVDが付いています。おトクです!

なお、『木枯し紋次郎と歩く!背を陽に向けたビジネス道』は、今回で終了となります。ご愛読ありがとうございました。

次の連載も今後検討予定です。ご期待ください。

|

« 喜連川つれづれ vol.1 | トップページ | 喜連川つれづれ Vol.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467160/63708437

この記事へのトラックバック一覧です: 木枯し紋次郎 Vol.20 参考文献:

« 喜連川つれづれ vol.1 | トップページ | 喜連川つれづれ Vol.2 »