« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

木枯し紋次郎 Vol.20 参考文献

img_nakamura1

今回は、本掲載をするにあたり、皆さんの参考までに出典を整理しておきます。
ただし、残念ながら、絶版になった作品もありますが、ぜひ小説も読んでみてください。
ちなみに筆者は、この機会に原作を再読しました。

◆小説(笹沢佐保 原作)
--- 木枯し紋次郎シリーズ 全15巻
赦免花は散った 1973    角川文庫
女人講の闇を裂く 1973    角川文庫
六地蔵の影を斬る  1973    角川文庫
無縁仏に明日を見た 1983    富士見書房
夜泣石は霧に濡れた 1997    光文社文庫
上州新田郡三日月村   1997    光文社文庫
木枯しは三度吹く 1997    光文社文庫
命は一度捨てるもの 1997    光文社文庫
三途の川は独りで渡れ 1997    光文社文庫
虚空に賭けた賽一つ 1997    光文社文庫
お百度に心で詫びた紋次郎 1984    富士見書房
奥州路七日の疾走 1997    光文社文庫
人斬りに紋日は暮れた 1985    富士見書房
女の向こうは一本道 1998    光文社文庫
さらば峠の紋次郎 1998    光文社文庫

--- 峠シリーズ
見返り峠の落日 1973    角川文庫

--- 街道シリーズ
裏切り街道 1990    祥伝社文庫
地獄街道 1990    祥伝社文庫

◆その他
紋次郎も鬼平も犬神家もこうしてできた
    2008    日本放送出版協会
木枯し紋次郎 DVD BOOK 1972第1シリーズ編
2012    辰巳出版
解説本ですが、「川留めの水は濁った」、「流れ舟は帰らず」の市川崑演出の2作品、テレビ予告編のDVDが付いています。おトクです!

なお、『木枯し紋次郎と歩く!背を陽に向けたビジネス道』は、今回で終了となります。ご愛読ありがとうございました。

次の連載も今後検討予定です。ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金)

喜連川つれづれ vol.1

この冬も仕事で県北へ。今年は、さくら市喜連川。
合間を見て、史跡をつれづれに歩き、紹介します。

喜連川といえば、お丸山公園に町のシンボルのスカイタワーが建っています。現在工事中らしく、入ることができないそうで、遠望です。

CIMG1462

喜連川といえば、筆者の住む足利市ともゆかりが深い。
Wikipediaによると、足利尊氏の次男で室町将軍代理家だった鎌倉公方の足利基氏を祖とし、鎌倉公方が古河に移転後、小弓公方系足利氏が直接の祖にあたるそうです。豊臣秀吉からこの地に所領を扶持された際に喜連川氏を苗字としたのが興りです。
ということで、その足利家歴代の墓のある龍光院へ。

2週間前に雪が降り、道端に残っています。
CIMG1463

山門に向かう左手に道祖神が立っています。どこかで見覚えがあるお顔立ち。そうです。安曇野の「水色の時」の道祖神そっくり。
CIMG1464

こちらが安曇野の「水色の時」道祖神。似ているのは、右側。
150511_1514_088

山門の先の本堂。
CIMG1465

その左に足利家歴代の墓所があります。こちらも門があり、土塁で巡らされた場所に十四代にわたり、五十四基の石塔が立っています。
CIMG1467

CIMG1468

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »