« 大田原市美原公園、春。 | トップページ | 木枯し紋次郎 Vol.11 「背を陽に向けた房州路」 »

2015年4月25日 (土)

間々田八幡宮、松尾芭蕉句碑

先の大田原に続いて、ひさしぶりに小山市へ。
日光街道の宿場でもあった間々田。
村社間々田八幡宮があります。いまは池のある公園として整備されています。公園内の道路にクルマを置いて、歩いてみました。

こちらは、雷電神社、愛宕神社、淡島神社の合社。
150424_0926_013

軒に立派な絵馬が・・・
150424_0925_011

そして社殿横には、鈴が奉納されています。何の利益を願うのでしょう。
150424_0926_012

そのすぐ隣は本殿ですが、屋根の工事を行っていましたので、あまりくわしく見ませんでした。
150424_0927_017

さらにその左に八龍神社。中には、2頭の龍がおわします。
地域の祭りのときには、でてくるそう・・・
150424_0927_016

150424_0927_015

本殿前の石段を降りると、右手に土俵。
150424_0928_018

左手に厳島神社。
150424_0929_020

その後ろに松尾芭蕉の「古池や・・・」の句碑
150424_0930_023
芭蕉は、奥の細道の二日目に間々田に泊まったそうです。

国宝などでなくても、歩いてみると、いろいろ古のひとたちが伝えてきた史跡があります。

ところで、4月24日、管理人の住む足利市の足利学校日本遺産の第一号に選定されました。おめでとうございます。地域の活性化につながるといいですね。

間々田八幡宮のサイトは、こちらから。

|

« 大田原市美原公園、春。 | トップページ | 木枯し紋次郎 Vol.11 「背を陽に向けた房州路」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467160/59769021

この記事へのトラックバック一覧です: 間々田八幡宮、松尾芭蕉句碑:

« 大田原市美原公園、春。 | トップページ | 木枯し紋次郎 Vol.11 「背を陽に向けた房州路」 »