« 大田原城跡(龍城公園)~大田原神社 | トップページ | 木枯し紋次郎 Vol.6 「六地蔵の影を斬る」 »

2014年11月22日 (土)

足利の文化財一斉公開

管理人の住む栃木県足利市では、11月下旬に市内の文化財の公開が行われています。

管理人も毎年1件ずつ足を運んでいます。2013年緑町配水場今福浄水場、2012年旧木村家住宅・・・

今年は、不動堂の修理が終わった、借宿町の円満寺へ。

建築物の説明がある10:30に向けて、自宅から自転車で行きました。

141122_1106_012
円満寺山門

受付で資料をいただき、不動堂の謂れ、修理内容を住職、市の文化財委員の方からうかがいました。
この寺は、足利の源氏館、八幡宮の丑寅、すなわち鬼門の位置に建てられています。平安時代の前九年の役後三年の役源頼義・義家が東山道を通って陸奥の国へ向かったとされ、この地を訪れ、不動明王を安置したと伝わります。

その不動明王が秘仏として伝わり、今回不動堂修理を終え、開扉されました。ということで不動明王は、平安末期の作。修理の際に彩色されています。

141122_1020_003
不動堂

141122_1103_010
向拝の彫り物

141122_1019_002
厨子内の不動明王

天井には、花鳥図が描かれていますが、護摩を焚く煤で黒ずんでいます。

141122_1101_008
格天井の花鳥図

ということで、今年は円満寺。ところでなぜ源頼義らが東海道でなく東山道を利用したか、ということですが、説明によると、渡川の多い東海道は大変だったから、ということです。すると幕末に皇女和宮が東山道を使ったのは、やはり荷物が多かったため、ということなのでしょうね。

|

« 大田原城跡(龍城公園)~大田原神社 | トップページ | 木枯し紋次郎 Vol.6 「六地蔵の影を斬る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467160/58059672

この記事へのトラックバック一覧です: 足利の文化財一斉公開:

« 大田原城跡(龍城公園)~大田原神社 | トップページ | 木枯し紋次郎 Vol.6 「六地蔵の影を斬る」 »