« 富岡製糸場 世界遺産へ!! | トップページ | 新連載のお知らせ »

2014年5月 3日 (土)

連休合間の平日、信州上田へ

旧職時代、仕事で上田市のS社を何度か訪れたことがあります。
が、上田城も見たこともなく、幸い池波正太郎真田太平記館の招待券を入手したこともあり、連休合間の平日に家族と訪れました。

池波正太郎真田太平記館は、同氏の著書「真田太平記」に因んで建設されたもので、中に、「鬼平犯科帖」などの自筆原稿や愛用の万年筆などが提示されています。展示室から外部に出て、さらにふたつギャラリーがあり、真田太平記、大阪冬の陣、夏の陣の真田幸村の戦いをコンパクトにを映像で紹介しています。

真田太平記館の入口。
挿し絵画家 風間完の企画展が開催されており、有名な五木寛之の「青春の門」の絵も見られました。立て看板の絵ですね。140501_1215_013

雰囲気のよい建物、内部でした。
140501_1206_002

続いて、上田城。真田幸村の父である真田昌幸の城です。140501_1247_014

北櫓。
140501_1300_015

南櫓。ここは、内部を見学できます。140501_1300_017

西櫓。
140501_1311_023

櫓内部に展示されていた駕籠。
幸村の兄である真田信之の妻 大蓮院(本多忠勝の娘)の遺骸を
鴻巣から上田まで運んだもの。往時が偲ばれます。140501_1325_025

櫓のそばにある真田神社。140501_1307_021

櫓の入場券は、他館との共通券となっており、
せっかくなので上田市博物館
幸村自筆の書状や織田信長着用の革胴衣が見られました。
このふたつが見ものです。140501_1429_031

そして、山本鼎記念館。この夏で閉館し、移転するそうです。140501_1431_032

ということで、3時も過ぎ、せっかくなので信州そばを、ということで、以前出張時に寄った、大盛りで有名な”草笛”でもりそば(\610)を賞味し、
帰路へと。

|

« 富岡製糸場 世界遺産へ!! | トップページ | 新連載のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467160/56040955

この記事へのトラックバック一覧です: 連休合間の平日、信州上田へ:

« 富岡製糸場 世界遺産へ!! | トップページ | 新連載のお知らせ »