« 21.部分最適・全体最適 | トップページ | 22.眼力・決断力・継続力を養う。そして変化を受け入れる »

2014年2月 2日 (日)

旧新橋停車場

最近、新橋へ出かけることもたびたび。
汐留の日テレへは以前行ってみたし、ということで、
今回は銀座口から出て、旧新橋停車場へ行ってみました。

大きく開発された新橋。汐留口は、あまり、よい設計の街づくりには、思えません。新橋駅から汐留までの通路を、いかにも現代風の立体構造にしたのですが、歩きにくいこと甚だしい。

それにくらべ、銀座口からはまだしも。旧新橋停車場も高いビルの隙間に窮屈そうに昔の面影を再現しています。

CA390218
旧新橋停車場外観

CA390220
模型

建物の中は、鉄道歴史展示室となっています。
開業時の雇われ外国人が使っていたパイプ、ラムネのビン、汽車土瓶など、当時の風俗を眼にすることができます。

企画展も行われていて、この日は、「国分寺物語」。日本全国の国分寺の遺跡の瓦が展示されていました。

CA390219
開業当時の駅舎礎石

|

« 21.部分最適・全体最適 | トップページ | 22.眼力・決断力・継続力を養う。そして変化を受け入れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467160/54831611

この記事へのトラックバック一覧です: 旧新橋停車場:

« 21.部分最適・全体最適 | トップページ | 22.眼力・決断力・継続力を養う。そして変化を受け入れる »