« ◆「極道の妻たち」シリーズ惹句集 | トップページ | 雑感 2011年秋 »

2011年9月12日 (月)

◆常に狙うポジションに立つ - 新仁義なき戦い

sin_jingi6

青木
夜、ひとりきりになるとよ、こがなことしとったら、
いけん思うて、ぞっとする時があるんじゃ。
寝床を一歩離れたら、のう、
どうでも親分じゃ面して歩けなきゃいけんのじゃけ

三好
のう兄貴、あんたに云うとくがよ。心弱うしたら、しまいど。
なんぼあんたが太うなったいうて、
狙うもんのほうが強いんじゃけ、のう

「新仁義なき戦い」(第6作)1974年。監督 深作欣二。脚本 神波史男、荒井美三雄。出演 菅原文太、若山富三郎、松方弘樹、渡瀬恒彦、安藤昇、宍戸錠、田中邦衛。

本作は、「仁義なき戦い」と同じ第1次広島抗争、山守組の内部抗争が描かれる。ということで、第1作のリメークといった内容です。

今回、菅原文太は、山守組組員三好万亀夫という役名で登場します。
仁義なき戦い」シリーズのヒットで、柳の下のどじょうは釣れるまで
何匹でも釣るという会社の要請で「新仁義なき戦い」シリーズは制作されたわけですが、それなりに楽しめる内容です。

山守組の内部抗争の中で台頭しようとする若頭の青木(若山富三郎)、山守親分(金子信雄)との間にはいり、振り回される主人公といった図式です。

組の内部で力をつけて、山守親分を引退させようと図る、兄貴分の青木に弟分の三好が云うセリフです。どこかで聞いたような内容です。
そうです、「仁義なき戦い」第1作での酒井(松方弘樹)に
広能(菅原文太)が同様のことを云っています。

守りに入ってしまった敵には、とことん攻めるのが、必勝のルールです。
幕末の戊辰戦争の例でも、錦の御旗を掲げた薩摩、長州等の官軍は、朝敵となった幕軍の会津藩を徹底的に攻めてゆきました。

ビジネスでも、そこそこ成功すると、守りに入りがちですが、
常に攻める姿勢で、攻める戦略をとり続けなければいけません。
攻めることが最大の防御ということばもあります。
やくざ世界と違って、自身が殺られることはないのですから・・・

仁義なき戦い」シリーズに、初出演の若山富三郎、安藤昇を迎えて、常連の松方弘樹、田中邦衛、渡瀬恒彦、宍戸錠、そして山守親分の金子信雄らが脇を固めています。とくに山守親分絶好調です。

最後にもうひとつ。
兄弟分の盃関係を解消するために、青木と再会した三好が放ったセリフを。仁義なき内部抗争を続ける青木に対して送った最後の忠告に、青木も身の危険を感じる。

あんたに云うとくがよ、心汚したら、おしまいど

|

« ◆「極道の妻たち」シリーズ惹句集 | トップページ | 雑感 2011年秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆常に狙うポジションに立つ - 新仁義なき戦い:

« ◆「極道の妻たち」シリーズ惹句集 | トップページ | 雑感 2011年秋 »