« ◆負けるとわかっていても・・・ - 緋牡丹博徒 お命戴きます | トップページ | 大宮出張 氷川神社~「皇女和宮と中山道」展 »

2011年4月18日 (月)

◆人を動かす - 日本侠客伝 斬り込み

「小さい時からね、わたしは奇麗で美しい芸者さんに
なりたいって、思っったことがあるの。いいでしょ。
好きになったから、あなたと夫婦になったんじゃない、
芸者にもなってみたいから、なるだけ・・・
その代わり、あなたの命は、わたしのものだから、
帰ってくるまで粗末にしないでね」

nihon_kirikomi

「日本侠客伝 斬り込み」1967年。監督 マキノ雅弘。脚本 笠原和夫。出演 高倉健、藤純子、大木実、金子信雄、。

日本侠客伝シリーズ第7作です。
高倉健主演の着流し任侠といえば、本シリーズと昭和残侠伝シリーズがありますが、その違いは、撮影所の違い(前シリーズは、東映京都撮影所、後者のシリーズは東映東京撮影所)、監督の違い(前シリーズは、おもにマキノ雅弘、後者のシリーズは佐伯清)です。
ということで人情話に力を入れている日本侠客伝シリーズ、様式美に力を入れている昭和残侠伝シリーズ、といえます。

本作は、子持ちのやくざ中村信三(高倉健)が博奕打ちからテキヤになり、東京で一家を起こす話です。

渡世の行き掛かりから総長賭博にでるために。その資金が必要になった信三のために、妻のお京(藤純子)が自身が芸者になって金を作ることを打ち明けるシーンのセリフです。

ここからビジネスに活かせる内容を、といっても難しく、今回は筆者の好みでセリフを紹介させていただきました。
人を動かすには、正直にその要望のみを伝えるのでなく、相手の環境を無理のないように整えてあげて、相手が負担なく、動けるようにすることは重要です。
どうも、無理やりこじつけてしまいましたね。

マキノ雅弘監督は、こういったシーンの作り方が絶妙で、さらにそれを受けてたつ藤純子の立ち居振る舞いとあいまって、名場面となっています。

筆者の中では、本作が日本侠客伝シリーズのベストかと・・・
ちなみに脚本は、仁義なき戦いシリーズの笠原和夫です。

|

« ◆負けるとわかっていても・・・ - 緋牡丹博徒 お命戴きます | トップページ | 大宮出張 氷川神社~「皇女和宮と中山道」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆人を動かす - 日本侠客伝 斬り込み:

« ◆負けるとわかっていても・・・ - 緋牡丹博徒 お命戴きます | トップページ | 大宮出張 氷川神社~「皇女和宮と中山道」展 »