« ◆もう一遍の心意気 - 新極道の妻たち 惚れたら地獄 | トップページ | ◆自ら動く生き方を覚えよ! - 県警対組織暴力 その1 »

2011年1月 1日 (土)

東京モニュメント巡り - 巣鴨

新年、あけましておめでとうございます。

先日、東京へ出張した折に、町屋から、都電荒川線に乗り、新庚申塚駅まで行き、巣鴨の寺々に葬られている著名人の墓を訪ねてみました。新年早々、墓でもないかと思いますが・・・そんなふうに捉えないで昔日の人に見守ってほしいという願いを込めて・・・

都電荒川線は、初めて乗車しました。駅から出発する際にチンチンと鳴らし、街中の自動車道を走って行きます。チンチン電車と呼ばれる所以です。飛鳥山からは普通の電車道になります。飛鳥山といえば、ロケに多く使われおり、「東京ラブストーリー」で使っていたと思います。

途中、荒川遊園なんてのもあり、住民の足として、手軽に使われていりようです。フリーパスの年寄りの方が多い。

20101216_1031_01
都電荒川線 新庚申塚駅

駅から、左手の道路に回り込み、妙行寺へ。ここは、四谷怪談のお岩さまの墓があります。墓まで多くの卒塔婆が並び立ちます。

20101216_1034_02
妙行寺

20101216_1036_04
お岩さまの墓

妙行寺から、巣鴨方面に路地の商店街を歩いてゆきます。白山通り手前で左折すると、本妙寺。

20101216_1057_10
本妙寺

ここは、八百屋お七で有名な明暦の大火の出火地です。その供養塔が本堂の一角に。

20101216_1054_07
明暦の大火供養塔

そして、江戸時代、剣の3大道場といえば、神田お玉が池の玄武館(北辰一刀流。千葉周作)、九段下の練兵館(神道無念流。斎藤弥九郎)、京橋の士学館(鏡信明智流。桃井春蔵)ですが、このうちの千葉周作の墓があります。。

20101216_1055_08
千葉周作の墓

さらに江戸の南町奉行 遠山金四郎景元の墓があります。立派な墓ですね。

20101216_1056_09
遠山金四郎の墓

本妙寺から、染井霊園の塀に沿って回り込むと慈眼寺。
文豪芥川龍之介の墓がひっそりとあります。

20101216_1100_11
慈眼寺

20101216_1103_12
芥川龍之介の墓(左側)

広い染井霊園を通りぬけ、白山通りを渡ると、おばあちゃんの原宿として有名な、とげぬき地蔵(高岩寺)です。平日ですが、結構賑わっていました。

20101216_1124_15
とげぬき地蔵(高岩寺)

20101216_1128_17
地蔵通り商店街

参道の商店街で有名な塩大福(5個600円)をお土産に購入し、巣鴨モニュメントめぐり、というか墓めぐりはJR巣鴨の駅でゴールです。

|

« ◆もう一遍の心意気 - 新極道の妻たち 惚れたら地獄 | トップページ | ◆自ら動く生き方を覚えよ! - 県警対組織暴力 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467160/38293330

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モニュメント巡り - 巣鴨:

« ◆もう一遍の心意気 - 新極道の妻たち 惚れたら地獄 | トップページ | ◆自ら動く生き方を覚えよ! - 県警対組織暴力 その1 »