« 栃木県農業試験場~馬頭へ出張 | トップページ | 東京出張所感 »

2010年7月 6日 (火)

◆金の効用 - 暴力金脈

「お金って、ほんとうにいいものよね。
貧乏も昔のことも画のことも、
苦しみも希望も、みんな忘れさせてくれる」

boryoku_kinmyaku

「暴力金脈」1975年。監督 中島貞夫。脚本 野上龍雄、笠原和夫。
出演 松方弘樹、梅宮辰夫、田中邦衛、池玲子、若山富三郎。

集団就職で大阪にでてきた中江宏(松方弘樹)と奥田寛次(梅宮辰夫)が各々総会屋、やくざの世界にはいり、生きてゆく姿を描く、実録映画の時代の異色作です。

紹介のセリフは、大会社の社長の曾宮(若山富三郎)の女である上原アヤ(池玲子)が中江につぶやくセリフです。
実は、彼女は、曾宮の実の娘なんですね。
曾宮をそれとも知らず、彼女を囲っている。
後半、その事実を母の日記から知った彼女は自殺してしまいます。

池玲子が貧乏な画学生という設定なのですが、どうしても「女番長」や「不良姐御伝 猪鹿お蝶」のイメージなので、無理がある。
しかし、それを臆面もなくやってしまうところが東映なんですね。

さてセリフですが、”金”がひとを狂わせる、とよく云います。
”金”を得ることのみを目的に行動するとき、 また、大金を手に入れてしまった後、 いずれも、それらのときの言動は、きっとそのひとの本来の姿ではなくなってしまいます。
人生や仕事の目的を金としたとき、 そこへ向うプロセスで、その人間の人格が損なわれてしまいます。

目的は、”金”でなく、違うものにしなくてはなりません。
プランドゥ・アシストは、”夢”としていますが・・・
それに付随して、生活するくらいの金銭はついてくる、 と思って、楽天的に生きてゆくことが肝要ではないでしょうか・・

あまり、金をテーマにすると、話が甘くなるので、 敬遠していたのですが、今回はやむなく書いてしまいました。

また、映画も松方弘樹の「みんな茶番だ」というナレーションでエンドマークとなってしまい、そう云い切って終わられると、いままでなんだったのか、という気になり、中途半端な気分です。

音楽の津島利章は、「仁義なき戦い」も担当していましたが、
ここでは、軽妙なリズムを流しています。
また、脚本も「仁義なき戦い」の笠原和夫が関わっています。

最後におまけのヒトコマ。

総会屋役のピラニア軍団の室田日出男が
ここは、やくざの来るところじゃないんだよ。出て行けよ
というセリフで、同じ軍団でやくざ役のの川谷拓三と喧嘩をするシーンがあります。笑ってしまいますね。
その後、室田は待ち伏せされ、撃ち殺されてしまいます。

|

« 栃木県農業試験場~馬頭へ出張 | トップページ | 東京出張所感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆金の効用 - 暴力金脈:

« 栃木県農業試験場~馬頭へ出張 | トップページ | 東京出張所感 »