« ★ お正月プレゼントのお知らせ!! | トップページ | ★お年玉プレゼント当選発表!! »

2010年1月17日 (日)

◆夢を追う生き物、男 - 網走番外地 大雪原の対決

 

「男ってのは、夢がないと、生きていけない動物なんですよ」

abasiri_daisetugen

「網走番外地 大雪原の対決」(第7作) 1966年。監督 石井輝男。
出演 高倉 健、大原麗子、吉田輝男、嵐寛寿郎、上田吉二郎。

石油発掘の夢を追う地主の父親をもつ娘の千恵(大原麗子)が
そんな父親をせめている場面で、橘真一(高倉 健)が
その父親をかばって云うセリフです。

「網走番外地」がスタートし、第7作。
絶好調の時期であり、ファンの好評に応えた正月作品です。
若かりし大原麗子の出演、あの舌たらずの口調・・・
そして、全編、雪の中、といった内容です。

”夢”を追うことが必要であることは、プランドゥ・アシストが薦める
”戦略に情熱をこめる”に通ずる内容です。
戦略の先にあるものは、”夢”です。もっとも上位の目標が
”夢”なのです。

しかし、”夢”に対する情熱のみでは、日々の業務は
遂行できません。
個々の仕事にも情熱を燃やし、注ぎ続けるとが重要です。
そのためには、すべてのことに、その意味を与え、
”夢”につながっているという意識づけも大事です。

本作品では、高倉健は、ポンチョを被って、雪原に馬を駆け、
雪の街で銃を構えます。
その姿は、あの1960年代に流行ったマカロニウェスタンの
クリントイーストウッド主演の「荒野の用心棒」、
「夕陽のガンマン」のパクリでしょうか。
・・・公開年が同じころです。
しかし、やはり最後に長ドス片手の立ち回りです。

また、本シリーズの常連である鬼寅(嵐寛寿郎)の偽者やくざを
上田吉二郎が演じています。あのセリフ回しが懐かしい・・・

|

« ★ お正月プレゼントのお知らせ!! | トップページ | ★お年玉プレゼント当選発表!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆夢を追う生き物、男 - 網走番外地 大雪原の対決:

« ★ お正月プレゼントのお知らせ!! | トップページ | ★お年玉プレゼント当選発表!! »