« ◆義理と情-昭和残侠伝 血染の唐獅子 | トップページ | 9/16-17 経産省植物工場実験施設、LEDジャパン視察 »

2009年9月 9日 (水)

◆やくざ以上に汚いやつら - 修羅の伝説

「てめえら、つるんとした顔してよ、
腹ん中は、やくざ以上に汚ねえんだよ。
やくざってもんはよ、身体張って、ひとの命を殺るが、
てめえらは、懐手してな、ニタニタ笑いながら、
ひとの命を・・・」

syuradensetu

「修羅の伝説」1992年。監督 和泉聖治。脚本 黒田義之。
出演 小林旭、陣内孝則、ルビーモレノ、平幹二朗。

勝目梓原作(「掟の伝説」)のやくざ映画であるということが、
珍しい一作であり、現時点で最後のやくざ映画です。
極道の妻たち」シリーズを除いて。

当然、プロデューサは、藤純子の実の父親であり、
東映やくざ映画の産みの親でもある俊藤浩滋。

というわけで、過去の作品の集大成ともいえる内容です。

笠部組(親分は、三木のり平)と小田一家(親分は、室田日出男)が
対立する中で小田一家のバックには、大物政治家や関東の
大組織がついており、そこに立ち向かう笠部組若頭の大滝(小林旭)の生き様を描いています。

面白いのは、あちこちに過去の作品の面影を見つけることができることです。

刑務所帰りの陣内孝則は、足を洗ったにも関わらず、恩義を感じ、
大滝の助っ人をして、命を落とします。
これは、「昭和残侠伝」の花田秀次郎と風間重吉です。

大滝に情報を提供するマル暴の刑事の平幹二朗。
こちらは、深作欣二監督の「仁義の墓場」や「県警対組織暴力」を
彷彿とさせます。

また、ドスを片手に殴りこむ道行きには、小林旭の唄う「雪散華」が流れ、まさに「昭和残侠伝」の高倉健のごとし。

その他、関東の組の幹部としてビートたけし、
三木のり平親分を殺害するヒットマンとしてジョニー大倉、等々、
いろいろ役者が登場して、見所があります。

大滝は、敵対する小田一家の組長を殺害し、
その直後、チンピラに撃たれてしまうのですが、
大滝の情婦だったルビーモレノが彼に代わり、
黒幕の大物政治家を殺すラストシーン。

なんとなく盛りだくさんで、面白そうだと思いませんか。

さて冒頭のセリフですが、大滝が政治家の秘書の西岡徳馬を
殺害するときのセリフです。

世の中、眼に見えない暴力もあり、それを皮肉って語っています。
決して、やくざを肯定しているわけでは、ありませんが、
人の世、さまざまな悪人がおり、
彼らの踏み台にされない生き方をする必要があります。

とくに企業は、巨大になればなるほど、義理や人情といった人間性が組織の中から欠落してしまいます。注意が必要です。
よく社員を犠牲にしても企業を存続させなければ、という発言がありますが、そうでなく、多数論理で多くの人を生かすために企業存続を図るのであり、絶対地位としての企業が存在しているのでは、ありません。

企業は、人なり、です。

|

« ◆義理と情-昭和残侠伝 血染の唐獅子 | トップページ | 9/16-17 経産省植物工場実験施設、LEDジャパン視察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆やくざ以上に汚いやつら - 修羅の伝説:

« ◆義理と情-昭和残侠伝 血染の唐獅子 | トップページ | 9/16-17 経産省植物工場実験施設、LEDジャパン視察 »