« ◆人生の特効薬、それは時間-関の弥太っぺ | トップページ | メルマガ新創刊のお知らせ »

2008年5月 5日 (月)

そして、経営戦略へ7

 古典の極めつけは、ランチェスターですが、現代の戦略として、
M.E.ポーター(アメリカ)の戦略を紹介します。
  ハーバード大学のポーターは、競争戦略をまとめ、現代経営戦略の
基礎を確立しました。彼の時代は、戦争もなくなり平和に
なってきたため、軍事戦略から、企業間の競争戦略へと
戦略の対象が移っています。まさに経営戦略の先駆けともいえます。
まさに経営戦略の先駆けともいえます。
  ポーターは、「他社に対して優位にたつことで勝利する」ために
基本的な競争要因、基本的な戦略を各々5つ提示しています。
その戦略の基本として、「独自性」、「差別化」のふたつを挙げています。

◆基本的競争要因
 ポーターは、企業間において、競争が始まる要因として、
次の5つ挙げています。
常に何らかの外的要因により競争をしなければならない状況に
おかれているのが企業であり、その外的要因を整理しました。

1.新規参入の脅威
   自社の市場に他業種の企業やベンチャー企業が新規に
  参入することにより、新しい競争が始まったり、競争が激化したり
  します。これらの新規企業の参入を防がなくてはなりません。
2.代替製品、代替サービスの脅威
    既存製品で市場において、ある地位を確立している企業も
  代替製品が世の中に登場することにより、
     自社の地位もふりだし地点に戻ってしまいます。
  古参企業としての優位性はあるものの、その製品に
     関しスタートは、すべての企業が同時となってしまいます。
3.顧客の競争力
  商品やサービスの供給過剰や大口販売店の登場により、
  企業の価格コントロールができなくなるということが起きてくると、
  顧客が力をもってきます。
4.供給者の支配力
  企業独自でブランド力のアップや知的財産等により、
  市場での支配力を高めます。
5.既存競合同士の敵対関係
  通常の競合する会社間の関係です。

◆基本戦略
 企業がこれらの5つの競争要因がある中で競争優位にたつための
戦略として、次の3つを挙げています。
 この中のいずれかの戦略を実行し、企業は限られた経営資源を
集中投資することで競争優位にたつ戦略です。

1.コストリーダシップ戦略
  他社には達成できないコストを実現する戦略です。
  コストには、材料コスト、生産コスト、販売コスト等の
    すべてのコストを含みます。
  ただし、コストダウンを工夫することは重要ですが、
  生産数量の背景がなくては、なかなか難しい。
  少しの材料費コストダウンが大きな効果を生むには、
  数量ベースが大きくないといけないので、どちらかというと
  強者の戦略です。
2.差別化戦略
  他社製品と差別化することで市場での地位を確立する戦略です。
  差別化の内容は、いろいろあります。
     他社製品にない機能、圧倒的なブランド力、他社に比べて、
  きめ細かいサービス等々。
     言い換えると、競争優位を確立して、競争を回避する戦略とも
  いえます。孫子の「戦わずして勝つ」に相通ずるところがあります。
3.集中戦略
  ある特定分野の製品において、経営資源を集中して、
  低コストや差別化を行なう、またはある特定市場に特化した商品、
  サービスを展開する戦略です。

|

« ◆人生の特効薬、それは時間-関の弥太っぺ | トップページ | メルマガ新創刊のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そして、経営戦略へ7:

« ◆人生の特効薬、それは時間-関の弥太っぺ | トップページ | メルマガ新創刊のお知らせ »