« そして、経営戦略へ3 | トップページ | NPO法人 足利水土里探偵団サイトをリニューアル »

2008年3月22日 (土)

そして、経営戦略へ 4

 今回は、経営戦略論の代名詞ともいえる「ランチェスター戦略」の
解説です。

◆ 最強の古典 ランチェスター戦略
 さて、これから、有名な戦略理論の「ランチェスター戦略」です。
すでに古典になっていますが、基本は普遍です。

芭蕉の言葉で「不易流行」という言葉がありますが、
時代が変っても普遍なものはあります。
「孫子の兵法」にもいえます。

 「ランチェスター戦略」は、イギリス人でダイムラーベンツの技師で
あったランチェスターが第一次世界大戦の研究で戦闘機の損害を
分析し、一定の法則を発見、その後、アメリカのクープマン、
日本の田岡信夫によって完成された戦略理論です。

 ランチェスターが語る戦略は、下記の3つの戦略です。

1 弱者の戦略
     個人戦で戦え!
     側面攻撃。ゲリラ戦。

2 強者の戦略
     総合戦で戦え!
     正面攻撃。確率戦。

3 ナンバーワン戦略
     一点集中、一点突破しろ
     (強者、弱者に共通)

 ランチェスター理論の原点は、各々のポジションによる戦い方に
あります。ランチェスターは、各々の軍事力の差に眼をつけ、
各々の戦略を理論化しました。
軍事力の差は、基本的には、兵士の数になりますので、
その差は兵の2乗に比例することを提唱しました。
たとえば、3人と1人が戦った場合、
実際には、3人の2乗対1人の2乗、
すなわち9人対1人の戦いとなります。
これをN2の法則といいます。そのような軍事力に差が
ある場合の戦い方を説いています。

 次回からは、この3つの戦略について、詳細を説明します。

|

« そして、経営戦略へ3 | トップページ | NPO法人 足利水土里探偵団サイトをリニューアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そして、経営戦略へ 4:

« そして、経営戦略へ3 | トップページ | NPO法人 足利水土里探偵団サイトをリニューアル »