« 新年ごあいさつ | トップページ | サイト「何はともあれPlanDo!」に「PC活用の必殺ワザ Word編2」を掲載 »

2008年1月 5日 (土)

まずは経営理念から 3

 さて、今回は、経営理念のまとめです。

 日本の製造業に携わる多くの企業も戦後の一時期から
大きく成長してきました。これは高度経済成長期の大量生産、
大量販売といったスキームが通用した時代の成功例で
しかありません。

 しかし、現代においては、もう通用しません。大企業は、
大きな組織構成で関わる人の多さ、現実に推進している事業を
一朝一夕に止められない等々の理由から、なかなか大きく舵を
切れないのですが、中小企業は、大企業に比べれば、
素早く舵をきることが可能です。それを早く認識して戦略的
企業へ脱皮してください。戦略が必須な時代なのです。

 では、実際に経営理念を作成してみましょう。以下の
サンプルを参考にしてください。[ ]の部分がサンプルですので、
この部分を考えてください。

 1 何のために会社を作るのか
    → [自分の考案したCD再生技術を普及させる。]
 2 どのような会社を目指すのか
    → [音楽再生分野における特長ある商品を
        生産・販売する会社。]
 3 顧客・社員に対する姿勢は
    → [顧客、社員とも大切な会社の財産。
        Win-Winの関係構築。]
 4 社会に対する姿勢は
    → [手ごろな価格の商品を提供。]
 5 環境に対する姿勢は
    → [地球と共生できるよう環境に配慮した製品作り。]
       ↓
 利益の源:[CDプレーヤの製造・販売。]
 存在意義:[音楽再生機器を手ごろな価格で提供。]
       ↓
 事業領域:[電器機器製造業]
 事業内容:[音楽再生機器分野]
       ↓
 経営理念(ビジョン):[音楽で豊かで楽しい生活をクリエイト。]

 さあ、経営理念は、作れましたか。
 目標として掲げた経営理念の妥当性はさておき、
夢を掲げることで、すべての行動が始まります。
 人生と同じです。夢をもち、それが叶うよう念じ、着実に実現に
向けて、歩き出すことで、夢は叶います。

 夢のある経営理念を目標に掲げましょう!

|

« 新年ごあいさつ | トップページ | サイト「何はともあれPlanDo!」に「PC活用の必殺ワザ Word編2」を掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずは経営理念から 3:

« 新年ごあいさつ | トップページ | サイト「何はともあれPlanDo!」に「PC活用の必殺ワザ Word編2」を掲載 »