« プレゼント当選発表! | トップページ | 桐生 吾妻山の紅葉とツツジ »

2007年10月29日 (月)

なぜ経営戦略? 1

 これから、シリーズで経営戦略の概論、実践テクニックを解説して
ゆきますので、おつきあいください。

◆あなたの会社に戦略はありますか

 現在、世の中で事業を推進している企業の中には、戦略目標を
掲げて、それに向けて邁進している企業、ただやみくもに
売り上げのみを標榜する企業、さまざまな企業が存在しています。
しかし、戦略の有無という観点からは、戦略をもつ企業、戦略を
もたない企業の2種類しか存在しません。

 財務面から企業を見た場合、戦略をもって事業を進めているか
否かは、残念ながら、あまりよくわかりません。企業の評価は、
売上金額や利益金額のみでランキングされてしまいます。
しかし、戦略を持つ企業、持たない企業の違いは、なかなか
わかりにくいのが現状です。利益のみではなく、その会社が
外部に発信する情報、それは新商品発表かもしれないし、
新しい事業展開かもしれませんが、そういった振る舞いから
わかることもありますが・・・

 しかし、戦略を持たない企業は、現時点では問題ないとしても、
将来の見通しはまったく不明です。現在の売り上げが維持されている
間は、問題は顕在化しません。まして、いま経営状況が悪い企業は、
当然のことながら、これからのために経営戦略が必要です。
直近の事業のための戦略から、現在事業を行なっている市場に
おける自社の位置づけを明確にした将来の戦略を用意する必要が
あります。

 新しく策定した戦略では、他の商品やサービスにパラダイムシフト
する必要があるかもしれません。そうなった場合、戦略、戦術なくして
事業推進は難しいといえます。

◆戦略以前に経営理念が必要
Fig_strat_rinen_3

  企業が成長するためには、企業のためにも、
組織と社員のためにも、経営理念、もしくは
ビジョンが必要です。経営戦略以前の、まずは
経営理念からスタートです。経営理念を作り、
それにもとづいた経営戦略をどのようにたてて
ゆくか、実際の方法論を紹介し、実務で役立つ
ようなフレームワークで述べてゆきます

 日本の多くの企業は、戦後の一時期から
大きく成長してきたのですが、
それは高度経済成長期の大量生産、
大量販売といったスキームが通用した時代の成功例でしか
ありません。
 しかし、現代においては、もはやこの図式での成長は望めません。
 大企業は、大きな組織構成のため、関わる人の多さ、現実に
推進している事業を一朝一夕に止められない等々の理由から、
なかなか大きく舵がきれないという欠点があります。しかし、日本の
企業の大半である中小企業、個人企業は、大企業に比べれば、
素早く舵をきることが可能です。それを早く認識して戦略的企業へ
脱皮してください。

 戦略が必須な時代なのです。

|

« プレゼント当選発表! | トップページ | 桐生 吾妻山の紅葉とツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ経営戦略? 1:

« プレゼント当選発表! | トップページ | 桐生 吾妻山の紅葉とツツジ »